甲信寺社宝鑑

甲信地方の寺院・神社建築を語る雑記。

【田原本町】村屋坐弥冨都比売神社(村屋神社)

今回は奈良県田原本町の村屋坐弥冨都比売神社(むらやにいます みふつひめ-)について。

 

村屋坐弥冨都比売神社は町東部の川沿いに鎮座しています。通称は村屋神社。

創建は不明。文献上の初出は『日本書紀』で、673年の壬申の乱の折、当社の神主が神託による献策で天武天皇の勝利に貢献したという功績が記されています。平安期には延喜式内社の大社に列しています。安土桃山期には衰退していたようですが、森屋重政という人物によって再興されたとのこと。

現在の境内はいつの時代の再建か不明ですが深い社叢に覆われていて、由緒ある古社にふさわしい雰囲気。本殿は規模こそ標準的ですが、2つの向拝が設けられた風変わりな造りをしています。

 

現地情報

所在地 〒636-0234奈良県磯城郡田原本町藏堂426(地図)
アクセス 田原本駅または笠縫駅から徒歩40分
橿原北ICから車で15分
駐車場 5台(無料)
営業時間 随時
入場料 無料
社務所 あり(要予約)
公式サイト 村屋神社
所要時間 15分程度

 

境内

参道

f:id:hineriman:20211112201902j:plain

村屋坐弥冨都比売神社の境内は南向き。

一の鳥居は木造の明神鳥居。

 

f:id:hineriman:20211112201933j:plain

一の鳥居から数十メートルほど進むと二の鳥居があります。

二の鳥居は石造の明神鳥居。

境内は鬱蒼と社叢に覆われ、昼間でも薄暗く幽玄な趣。周囲に池や川があるせいか、心なしか湿った雰囲気です。非常に神社らしい神社だと思います。

 

拝殿

f:id:hineriman:20211112202001j:plain

f:id:hineriman:20211112202011j:plain

灯篭の並んだ参道の先には拝殿。

入母屋、銅板葺。

 

f:id:hineriman:20211112202028j:plain

柱は角柱、柱上は舟肘木。軒裏は二軒まばら垂木。

とくに目立つ装飾はなく、質素な造り。

 

本殿

f:id:hineriman:20211112202618j:plain

拝殿の先には板塀に囲われた本殿が鎮座しています。

桁行3間・梁間1間、三間社流造、正面千鳥破風2か所付、正面向拝2か所・各1間、銅板葺。

造営年不明。

主祭神は社名にある弥冨都比売こと三穂津姫。くわえて大国主も合祀され、つごう2柱が祀られているようです。

 

f:id:hineriman:20211112202101j:plain

三間社流造(さんけんしゃ ながれづくり)という建築様式はありふれたものですが、この本殿は同様式の中でも非常に特殊な例のひとつで、2つの本殿のあいだに1間のつなぎを設けて連結した構造となっています。

これと同じ構造をした本殿は、私の観察だと大阪府や奈良県のあたりにいくつか例があります。また、当社の近くに鎮座する鏡作坐天照御魂神社本殿(奈良県田原本町)はこの本殿の五間社バージョンといえます。

 

f:id:hineriman:20211112202154j:plain

正面は向拝3間ではなく、1間の向拝が2つ設けられています。

向拝柱は角面取りされ、柱上は黒い大斗と白い舟肘木。

虹梁と木鼻も白く塗装されています。

この写真ではわかりにくいですが、右側と左側の間は板戸が立てつけられ、手前には階段が設けられています。対して中央の間は神座ではないため、ただの板壁のうえ階段もなく、柱間も狭く取られています。

 

f:id:hineriman:20211112202719j:plain

海老虹梁は白い材で、向拝側は軒桁の付近から出て、母屋側は舟肘木の場所に取りついています。かなり高いところを通っており、変わった場所に取りついています。

縁側には脇障子が立てられていますが、背面側ではなく正面側にあります。ここもまた風変わり。

軒裏は一重のまばら垂木。たいていの神社本殿は二軒繁垂木なので、めずらしいです。

 

f:id:hineriman:20211112202743j:plain

母屋柱は円柱。妻壁は豕扠首。破風板の拝みには猪目懸魚。

こちらは標準的な構造と意匠です。

 

f:id:hineriman:20211112202758j:plain

屋根の正面には千鳥破風が2つ設けられています。

大棟鬼板の紋はいずれも菊。

大棟の上には鰹木と外削ぎの千木。

 

f:id:hineriman:20211112202814j:plain

本殿向かって左側(西)には服部神社(はっとり-)。

もとは波登里(はとり)村なる場所に鎮座していた式内社だったようですが、村の衰退により存続できなくなり、1573年に当地へ末社として遷座したとのこと。

 

境内にはほかにも式内社の小社がありましたが、どれも似たような小社だったため割愛。

 

以上、村屋坐弥冨都比売神社でした。

(訪問日2021/10/14)

【田原本町】池坐朝霧黄幡比賣神社(池神社)

今回は奈良県田原本町の池坐朝霧黄幡比賣神社(いけにます あさぎりきはたひめ-)について。

 

池坐朝霧黄幡比賣神社は町東部の法貴寺地区の住宅地に鎮座しています。通称は池神社。

創建は不明。社伝によると、推古天皇の時代に法貴寺という寺院の鎮守として創建されたのが始まりとのこと。奈良時代には確立されていたようで、正倉院文書に当社と思しき記載があるようです。平安期には延喜式内社の大社に列し、北野天満宮から祭神を勧請したため天満宮と呼ばれるようになります。その後は豪族の長谷川氏の氏神として法貴寺とともに隆盛し、明治期に神社として分離独立しています。

現在の社殿は明治期に造られたもので、独特な構造の拝殿と春日造の本殿を見ることができます。また、法貴寺の伽藍のうち唯一現存する千万院が境内に鎮座していて、往時の隆盛の一端を偲ぶことができます。

 

現地情報

所在地 〒636-0222奈良県磯城郡田原本町法貴寺502(地図)
アクセス 田原本駅から徒歩40分
橿原北ICから車で15分
駐車場 なし
営業時間 随時
入場料 無料
社務所 なし
公式サイト なし
所要時間 15分程度

 

境内

参道と拝殿

f:id:hineriman:20211030092247j:plain

池坐朝霧黄幡比賣神社の境内は西向き。ややめずらしい方角を向いています。

鳥居は石造の明神鳥居。扁額は「池坐神社」。

右の灯篭の基部には「天満宮」。

 

f:id:hineriman:20211030092316j:plain

参道右手には手水舎。

切妻、桟瓦葺。

 

f:id:hineriman:20211030092330j:plain

f:id:hineriman:20211030092357j:plain

拝殿は入母屋、正面向唐破風付、本瓦葺。

中央の唐破風が妙に高い位置にあるのが特徴的。

造営年不明。境内案内板(大和磯城ライオンズクラブ)によると1872年頃の改築とのこと。

 

f:id:hineriman:20211030092415j:plain

中央の唐破風部分の軒下。

梁の上には菱組の欄間が設けられ「天満宮」の扁額が掲げられています。

扁額の上では笈形付き大瓶束が唐破風の棟木を受けています。

 

f:id:hineriman:20211030092432j:plain

大棟鬼板には梅鉢の紋。天満宮の紋です。

唐破風の兎毛通の中央部も梅鉢の意匠になっています。

 

本殿

f:id:hineriman:20211030092758j:plain

拝殿の後方には中門と土塀に囲われた本殿が鎮座しています。

本殿は春日造、銅板葺。

境内案内板によると1872年(明治四年)の造営とのこと。

祭神は𣑥幡千千姫命(たくはちぢひめのみこと)と、天神こと菅原道真。

 

f:id:hineriman:20211030092814j:plain

f:id:hineriman:20211030092827j:plain

本殿は塀に阻まれ、細部を観察することはできません。

柱は円柱、柱上は舟肘木、軒裏は二軒の吹寄せ垂木、大棟には鰹木と千木が確認できます。

 

f:id:hineriman:20211030092900j:plain

f:id:hineriman:20211030092846j:plain

本殿の左右には境内社。

やはり奈良県は春日造が多いように感じます。

 

千万院

f:id:hineriman:20211030092924j:plain

池坐朝霧黄幡比賣神社の境内北側には千万院という寺院があります。境内は南向き。

左は鐘のない鐘楼で、切妻、本瓦葺。右の門は一間一戸、切妻、本瓦葺。

 

f:id:hineriman:20211030092950j:plain

門の内部。

前方(写真左)は主柱、後方(右)は控柱。両者とも角柱。

主柱からは腕木(女梁)が出て、梁(男梁)を持ち送りしています。

標準的な薬医門の造りです。

 

f:id:hineriman:20211030093006j:plain

門の先には小ぢんまりとしたたたずまいの千万院本堂(あるいは不動堂?)が鎮座しています。

入母屋、向拝1間、本瓦葺。

堂内の不動明王像は平安期のもので、国重文。

 

千万院は当地区の地名の由来になった法貴寺の伽藍の一部で、往時の法貴寺は多くの伽藍と僧房のある大寺院だったようですが、現在はこの千万院を残すのみとのこと(田原本町の案内板より)。

寺の一部という扱いだったはずの池坐朝霧黄幡比賣神社は健在なのに、法貴寺はすっかり衰退してしまい、その残滓が神社の隅に辛うじて残っているだけという事実には、無常を思わずにはいられません。

 

f:id:hineriman:20211030093054j:plain

f:id:hineriman:20211030093105j:plain

向拝柱は几帳面取り。虹梁木鼻は雲の意匠の象鼻。

組物は出三斗。なぜか肘木の写真左のほうが出っ張っており、妙な形状をしています。

手挟も雲状の意匠となっています。

 

以上、池坐朝霧黄幡比賣神社でした。

(訪問日2021/10/14)

【田原本町】鏡作坐天照御魂神社(鏡作神社)

今回は奈良県田原本町の鏡作坐天照御魂神社(かがみつくりにいます あまてるみたま-)について。

 

鏡作坐天照御魂神社は町東部の住宅地に鎮座しています。通称は鏡作神社。

創建は紀元前の10代・崇神天皇の時代とされます。三種の神器のひとつである八咫鏡が伊勢神宮に遷座される際、その形代として造られた鏡の試作品を祀ったのが由来とのこと。平安期には延喜式内社の大社に列しています。平安以降は鏡作三所大明神と呼ばれたようですが、その後は衰退し荒廃したようです。江戸期以降は鏡の職人や業界から崇敬され、昭和中期には全日本鏡工業協会の援助を受けて社殿の修理をしています。

境内は広い社叢で覆われ、古社にふさわしい雰囲気です。本殿は江戸中期あたりの造営と考えられ、3棟の本殿を左右に連結して五間社流造としためずらしい様式となっています。

 

現地情報

所在地 〒636-0311奈良県磯城郡田原本町八尾816(地図)
アクセス 田原本駅から徒歩15分
橿原北ICから車で10分
駐車場 5台(無料)
営業時間 随時
入場料 無料
社務所 あり(要予約)
公式サイト なし
所要時間 15分程度

 

境内

拝殿

f:id:hineriman:20211030090839j:plain

鏡作坐天照御魂神社の境内は南向き。平坦な住宅地の一角の、広々とした社叢の中に鎮座しています。

鳥居は丹塗りの明神鳥居。扁額は「正一位鏡作大明神」。

 

f:id:hineriman:20211030090853j:plain

拝殿は入母屋、本瓦葺。

 

f:id:hineriman:20211030090907j:plain

軒下。扁額は「鏡作大明神」。

柱上は舟肘木、軒裏は一重でまばら。ほか、とくに目立った意匠はありません。

 

本殿

f:id:hineriman:20211030090940j:plain

拝殿向かって右から裏手にまわると、後方の本殿へ進む通路があり、神明鳥居の奥に本殿が鎮座しています。鳥居の先は進入禁止。

 

桁行5間・梁間1間、五間社流造、千鳥破風3か所付、向拝3か所・各1間、檜皮葺。

造営年不明。江戸中期の造営と考えられています。境内記念碑によると1969年(昭和四十四年)に修理が行われたとのこと。

祭神は天火明命、イシコリドメ、天糠戸命(あめのぬかどのみこと)の3柱。社名や由緒からしてアマテラスが祀られていそうな感じがしますが、あまり聞きなれない祭神です。

 

f:id:hineriman:20211030091024j:plain

f:id:hineriman:20211030091037j:plain

建築様式は五間社流造(ごけんしゃ ながれづくり)並立した3棟の本殿を、各1間の間隔を置いて連結した構造をしています。たいていの神社本殿は正面3間の三間社か、1間の一間社なので、五間社はかなりめずらしいです。また、屋根の正面に千鳥破風が3つ設けられ、複雑な構造になっています。

Wikipediaの当該ページ(2021/10/30閲覧)の本殿の様式の欄には「春日造」とありますが、側面から見ると破風がへの字になっているため、この本殿は流造。真正面から見ただけだと、たしかに春日造に見えるかもしれません。奈良県内では春日造の本殿のほうがよく見かけるので、流造でここまで凝った造りのものはめずらしいと思います。

 

f:id:hineriman:20211030091138j:plain

向かって右側(東側)の向拝。

向拝柱は几帳面取りで、面取り部分が黒く塗り分けられています。

虹梁中備えは蟇股で、はらわたには白い鶴が彫られています。木鼻は側面に象の彫刻が設けられています。

組物は大斗と花肘木。

 

中央と向かって左側の向拝もほぼ同様の造りをしています。

 

f:id:hineriman:20211030091203j:plain

母屋は、神座のある柱間は格子戸、つなぎの間や側面は白い壁板になっています。

縁側はくれ縁が3面にまわされ、欄干は跳高欄。背面側には脇障子が立てられ、松が描かれています。

 

f:id:hineriman:20211030091255j:plain

屋根の破風と千鳥破風。

破風板の拝みと桁隠しには、朱と緑に彩色された蕪懸魚。

 

f:id:hineriman:20211030091222j:plain

千鳥破風の内部には小さな赤い破風板が設けられ、拝み部分に蕪懸魚が下がっています。

棟の上には、鰹木と外削ぎの千木が置かれています。鬼板の紋は五七の藤。

 

境内社

f:id:hineriman:20211030091333j:plain

本殿向かって右側には境内社が鎮座しています。

こちらは末社と思われる小社殿。左から天照大神、手力雄神社、住吉大社、春日大社。

 

f:id:hineriman:20211030091347j:plain

こちらは境内東側に鎮座する若宮神社。西向き。

一間社春日造、銅板葺。

 

f:id:hineriman:20211030091403j:plain

向拝柱は几帳面取り。側面に象の彫刻。

 

f:id:hineriman:20211030091416j:plain

虹梁の中央には白い蛇が彫られています。

蟇股のはらわたは、つがいの鳩。

 

f:id:hineriman:20211030091435j:plain

頭貫木鼻は、つぶれた細い形状の拳鼻。

中備えなどの意匠はありません。

 

以上、鏡作坐天照御魂神社でした。

(訪問日2021/10/14)

【桜井市】春日神社(脇本)

今回は奈良県桜井市脇本(わきもと)の春日神社(かすが-)について。

 

春日神社は市東部の国道165号沿線の集落に鎮座しています。

創建は不明。社名から推察するに、春日大社から勧請されたものと思われます。沿革についても不明で、現在の本殿が江戸初期のもののため、遅くともその頃には確立されていたようです。

境内は大きなものではないですが、江戸初期の本殿は県指定文化財となっているだけでなく、三間社春日造というめずらしい様式で造られています。

 

現地情報

所在地 〒633-0018奈良県桜井市脇本355(地図)
アクセス 大和朝倉駅から徒歩15分
橿原北ICから車で20分
駐車場 なし
営業時間 随時
入場料 無料
社務所 なし
公式サイト なし
所要時間 10分程度

 

境内

拝殿

f:id:hineriman:20211030085733j:plain

境内は国道から少し距離を置いた場所にあり、入口は集落の中を通る細道に面しています。なかなか趣のある道だと思います。

 

f:id:hineriman:20211030085716j:plain

春日神社の境内は南向き。

鳥居は石造の明神鳥居。社号標は「春日神社」。

 

f:id:hineriman:20211030085753j:plain

拝殿は切妻、向拝1間・入母屋(妻入)、桟瓦葺。

 

f:id:hineriman:20211030085810j:plain

向拝部分。

軒下に目立った意匠はなく、軒裏は一重まばら垂木。

母屋正面は蔀で、中央が菱組の吹寄せ格子、左右が通常の格子。すぐ近くにある白山神社(黒崎)の拝殿も同様の意匠でした。

 

f:id:hineriman:20211030085829j:plain

屋根瓦と大棟鬼板には下り藤。春日大社の紋です。

破風板の拝みには鰭付きの蕪懸魚。

 

本殿

f:id:hineriman:20211030090005j:plain

拝殿の裏には板塀に囲われた本殿が鎮座しています。

本殿は梁間3間・桁行2間、三間社春日造、向拝1間、檜皮葺。

棟木の銘より1603年(慶長八年)の建立とのこと(桜井市教育委員会の案内板より)。県指定文化財。

祭神はタケミカヅチ、天児屋根命などの春日神と思われます。

 

f:id:hineriman:20211030090049j:plain

f:id:hineriman:20211030090101j:plain

正面の向拝は1間。

虹梁中備えには蟇股と組物(平三斗)が並びます。退色してしまっていますが極彩色に塗り分けられていた形跡があり、安土桃山期の作風に見えます。

蟇股の彫刻については、近くで見ることができないため題材がよく解らず。遠目で見ても安土桃山期にしてはかなり良い造形のように感じたので、近くでじっくり見られないのが惜しいです。

 

f:id:hineriman:20211030090125j:plain

母屋正面は柱が省略されて1間になっています。

こちらの頭貫の上にも蟇股などがあり、日が当たりにくいおかげか鮮やかな彩色が比較的良い状態で残っています。

 

写真では壁の影になってしまいましたが、母屋内部には3組の扉が設けられています

このように3組の扉を設けた本殿を三間社というのですが、たいていの春日造は扉が1組だけの一間社春日造であり、この本殿のような三間社春日造(さんけんしゃ かすがづくり)は数が少なくめずらしいです。

 

f:id:hineriman:20211030090307j:plain

左側面(西面)から見た向拝。

ゆるやかにカーブした海老虹梁が向拝と母屋をつないでいます。向拝側は組物の上から出ていて、母屋側は頭貫の位置に取りついています。軒裏すれすれを通っているからか、手挟はありません。

縋破風の破風板には、猪目に開口された桁隠しが下がっています。

軒裏は二軒繁垂木。軒裏の納まりを見ると、隅木を使っていない純粋な春日造であることが判ります。

 

f:id:hineriman:20211030090342j:plain

右側面(東面)。柱間は2間。

壁面は白い壁板で、何か絵が描かれていたような痕跡があります。さすがに絵の題材は判りません。

母屋柱は円柱で、柱上は出三斗と平三斗。中備えはありません。

 

f:id:hineriman:20211030090403j:plain

縁側はおそらくくれ縁。3面にまわされています。欄干は跳高欄。背面側は脇障子が立てられています。

母屋柱は礎石の上に立てられており、床下も円柱に成形されています。

 

f:id:hineriman:20211030090417j:plain

屋根は檜皮葺。

破風板の拝みには猪目懸魚が下がっています。

大棟には2本の鰹木と、外削ぎの千木。

 

以上、春日神社(脇本)でした。

(訪問日2021/10/14)

【桜井市】白山神社(黒崎)

今回は奈良県桜井市黒崎(くろざき)の白山神社(はくさん-)について。

 

白山神社は市東部の国道165号沿線に鎮座しています。別名(正式名称?)は白山比咩神社(しらやまひめ-)。

創建は不明。伝承(境内案内板)によると、21代・雄略天皇が泊瀬朝倉宮(はつせ あさくらみや)を建立し、万葉集の冒頭を飾る歌を詠んだ場所が当地だと推定されているようです。

境内は旧街道に面しているようですが、国道によって南北に分断されています。本殿は標準的な規模の春日造で、鮮やかな壁画と彩色がほどこされています。

 

現地情報

所在地 〒633-0011奈良県桜井市黒崎339(地図)
アクセス 大和朝倉駅から徒歩20分
橿原北ICから車で20分
駐車場 なし
営業時間 随時
入場料 無料
社務所 なし
公式サイト なし
所要時間 10分程度

 

境内

参道

f:id:hineriman:20211030084921j:plain

白山神社の境内は南向き。

境内入口の手前は、旧初瀬街道(参宮街道)と思しき生活道路になっています。

いっぽう、鳥居の先には現在の幹線道路である国道165号が横断しており、境内が南北に分断されています。国道は交通量が多いうえ車のスピードも速く、信号も横断歩道もありません。

 

鳥居は石造の明神鳥居。社号標は「白山神社」。

社名については白山比咩神社という別名もあり、白山は「しらやま」と読むこともありますが、桜井市の公式サイトに“白山神社(はくさんじんじゃ)”とあったためこの表記と読みを採用しています。

 

拝殿

f:id:hineriman:20211030085023j:plain

国道を渡って境内北側へ移ると、石垣の上に拝殿があります。

切妻、向拝1間・入母屋(妻入)、桟瓦葺。

 

拝殿の手前の国道に面した場所には雄略天皇の歌碑がありましたが、写真を撮り忘れてしまったため割愛。

 

f:id:hineriman:20211030085040j:plain

向拝の部分。

木鼻などの意匠はなく、軒裏は一重でまばら。飾り気のない簡素な造りです。

正面の3間は蔀になっています。左右の蔀はふつうの格子ですが、中央は吹寄せの菱組になっています。

 

f:id:hineriman:20211030085055j:plain

向拝の棟の鬼板には下り藤。白山神社とはあまり関係のなさそうな春日大社の紋です。やはり奈良県内は春日大社の影響力が強いのでしょうか。ちなみに総本社である白山比咩神社(石川県白山市)の紋は三子持亀甲瓜花です。

その下には長い尾を引いた亀の彫刻。

 

本殿

f:id:hineriman:20211030085119j:plain

拝殿の後方には、土塀に囲われた本殿が鎮座しています。

一間社春日造、銅板葺。造営年不明。

祭神はククリヒメ(白山比咩)と思われます。

 

f:id:hineriman:20211030085134j:plain

f:id:hineriman:20211030085149j:plain

向拝。

遠くて見づらいですが、虹梁中備えの蟇股は竹に虎、木鼻は象。鮮やかに彩色されています。

肘木や組物は紅白に塗り分けられており、にぎやかな印象。

 

f:id:hineriman:20211030085209j:plain

向拝と母屋は海老虹梁でつながれています。向拝側は組物の上から出て、母屋側は頭貫の位置に取りついています。

母屋の正面および側面の中備えは蟇股。蟇股の置かれた壁面は、繰型のような雲状の模様が描かれています。

 

f:id:hineriman:20211030085223j:plain

母屋柱は円柱。

正面は板戸。右側面(東面)には独特な枝ぶりの松が描かれています。

縁側は正面と左右の3面にまわされ、跳高欄が立てられています。脇障子の絵は菖蒲(アヤメ、またはハナショウブ)。

 

f:id:hineriman:20211030085248j:plain

後方から見上げた全体図。背面側は絵がありません。

春日造なので背面側は完全な切妻になっています。また、軒裏に隅木(母屋から軒先へ斜めに伸びる部材)のない古式で純粋な春日造です。

 

大棟の側面の紋は、下り藤に見えます。

大棟の上には、2本の鰹木と外削ぎの千木が置かれています。

 

f:id:hineriman:20211030085325j:plain

反対側、左側面(西面)。

脇障子の絵は、右側面と同様で菖蒲。

壁面は牡丹に唐獅子。つぶらな瞳で口を開けていて、マスコットキャラクターのような愛嬌のある表情。絵の巧拙は私にはよくわかりませんが、印象に残る良い絵だと思います。

 

以上、白山神社(黒崎)でした。

(訪問日2021/10/14)

甲信地方の寺社

山梨県(甲斐国)

・山梨県の記事一覧(国中/郡内)

索引(市町村別)

国宝の一覧

国宝と重要文化財の寺社の一覧

長野県(信濃国)

・長野県の記事一覧(北信/東信/中信/南信)

索引(市町村別)

国宝の一覧

・国宝と重要文化財の寺社の一覧(北信・東信/中信・南信)

県別記事一覧

山形県 ・福島県
群馬県 神奈川県
新潟県 富山県
石川県 福井県
山梨県 長野県
岐阜県 静岡県
愛知県 三重県
滋賀県 ・京都府
・大阪府 奈良県

用語集

・用語集 ( / / / た・な / / ま・や・ら・わ)

寺社の基礎知識

その他コンテンツ

近現代の建築 ・博物館

自転車(輪行) ・駅そば ・参考書籍

最新記事