世をひねる

甲信地方(山梨県と長野県)の寺院・神社建築を語る雑記。

寺社-群馬県

【太田市】世良田東照宮 ~日光から移築された拝殿~

今回は群馬県の観光地ということで、太田市の世良田東照宮(せらだとうしょうぐう)について。 東照宮というと徳川家康を祀った神社で、全国東照宮連合会によると全国に47社があります。 世良田は新田義貞で知られる新田氏の名前の由来になった地で、徳川家は…

【桐生市】桐生天満宮 ~彫刻で満たされた本殿はややグロし?!~

今回は群馬県の観光地ということで、桐生市の桐生天満宮(きりゅうてんまんぐう)について。 群馬県には豪華な社殿を有する神社が多数あり、中には菅原神社(富岡市)や八幡八幡神社(高崎市)のように、素晴らしい内容にもかかわらず重文はおろか県宝ですらないも…

【高崎市】八幡八幡神社 ~神道と仏教が五分と五分で混じり合う境内~

今回は群馬県のマイナー観光地ということで、八幡八幡神社(やわたはちまん-)について。正式名称は上野国一社八幡宮(こうづけのくにいっしゃはちまんぐう)と言うようです。 この日は達磨寺が目当てで高崎へ来たのですが、国道18号線を走っていると「八幡八幡…

【高崎市】冬の榛名神社

今回は群馬県の榛名神社(榛名神社)について。 榛名神社というと群馬県内でも屈指の観光名所ですね。このサイトで主に扱うマイナー観光名所とは対極の存在と言えるでしょう。 数年前に1度訪れたことがあるのですが、そのときは夏だったので、今回は冬(3月1日)…

【渋川市】法水寺 ~伊香保に現れた謎の巨大寺院~

今回は群馬県のマイナー観光名所ということで法水寺(ほうすいじ)について。 このお寺は渋川を観光しているときに偶然見つけて立ち寄りました。水澤寺から榛名神社へ向かっている途中の道沿いに、異様に大きな建物を見かけ、運転中にもかかわらず目が釘付けに…

【渋川市】水澤寺 ~輪蔵付きの六角二重塔は他に類を見ない珍物件~

今回は群馬県の観光地ということで水澤寺(みずさわでら)について。観音菩薩が本尊であることから水澤観音(みずさわ-)の別名もあります。 私はここをマイナー観光地だと思って行ったのですが、行ってみると予想以上に込んでいて、実際はわりとメジャーなとこ…

【高崎市】達磨寺 ~縁起物・福ダルマ発祥の地~

今回は群馬県の観光地ということで、達磨寺(だるまじ)について。山号の少林山(しょうりんさん)の名称でも知名度があるようです。 高崎市を代表する観光地で、マイナー観光地をメインに紹介する当サイトの方針から逸れはしますが、以前から行ってみたかった寺…

【高崎市】長谷寺 ~坂東三十三箇所に数えられる由緒ある寺院~

今回は群馬県のマイナー観光地ということで、長谷寺(ちょうこくじ)について。別称として白岩観音(しろいわ-)という呼び名もあります。 長谷寺は高崎市内の山手のほうにあり、高崎市街方面、渋川方面ともに道がやや狭く、車の運転には少し気を使う感じでした…

【富岡市】貫前神社 ~上野国一宮は寺社マニア必見の“下り宮”~

今回は群馬県の観光名所ということで、貫前神社(ぬきさき-)について。 寺社というものは、たいていは山を背負い、上から見下ろせるような立地に造られるのがセオリーです。その理由はいろいろ考えられますが、同じ建物でもやはり下から見上げるほうが威厳が…

【富岡市】妙義神社と波己曽社

今回は群馬県の超メジャー観光地ということで、妙義神社(みょうぎ-)と波己曽社(はこそしゃ)について。 妙義神社は群馬県の南西にそびえる名峰・妙義山のふもとに鎮座しています。 古くからの修験霊場であり、江戸時代には関東平野の天門(北西の方位)をおさえ…

【富岡市】菅原神社 ~日光を彷彿とさせる精緻な社殿~

今回は群馬県のマイナー観光名所ということで、富岡市妙義町菅原の菅原神社について。 群馬県内には同名の神社が多数あるので、調査や訪問の際には間違えがないように気をつけましょう。 菅原神社は群馬県道51号線のほぼ道沿いにあり、この近くには妙義神社…