世をひねる

甲信地方(山梨県と長野県)の寺院・神社建築を語る雑記。

寺社

【松本市】田村堂と波多神社 ~廃仏毀釈の餌食となった「信濃日光」の残滓~

【松本市】田村堂と波多神社 今回は長野県のマイナー観光地ということで、松本市の田村堂(たむらどう)と波多神社(はた-)について。 田村堂と波多神社は、松本市波田の山際に鎮座しています。松本市街から上高地へ向かう途中の道沿いに「重要文化財 田村堂」…

【高山市】飛騨国分寺 ~街のランドマークがそびえる、定番の観光スポット~

今回は岐阜県の観光地ということで、高山市の飛騨国分寺について。 飛騨国分寺は高山の市街地の中心部に鎮座しており、境内はさほど大きくないものの、飛騨地方で唯一の三重塔や重要文化財の本堂などなど、見どころの多い内容となっています。 文化的・歴史的…

【鯖江市】舟津神社 ~深い杜の奥に鎮座する異形の大型本殿~

今回は福井県の観光地ということで、鯖江市の舟津神社(ふなつ-)について。 舟津神社は鯖江市の市街地の山際に鎮座しており、延喜式内社にも記載がある県内屈指の古社です。歴史ある神社のだけに境内は非常に広く長く、うっそうと茂った社叢に覆われています。…

【長野市】頤気神社(松代) ~境内社は善光寺リスペクト?~

今回は長野県のマイナー観光地ということで、長野市の頤気神社(いけ-)について。市内に同名の神社があるため、所在地の松代を付しておきます。 頤気神社は長野ICのすぐ近くに鎮座しており、延喜式神名帳にも記載がある古社です。 本殿は至って普通の建築様式…

【池田町】須波阿須疑神社 ~和様・唐様・天竺様が融合したハイブリッド建築~

今回は福井県のマイナー観光地ということで、池田町の須波阿須疑神社(すわあずき-)について。 須波阿須疑神社は、福井市から少し山へ入った場所にある池田町の里山に鎮座しており、須波(諏訪)という名前のため信州の諏訪大社とも縁があるようです。いちばん…

【長野市】祝神社 ~真田十万石の城下にたたずむレア物件「二間社」~

今回は長野県のマイナー観光地ということで、長野市の祝神社(ほうり-)について。 祝神社は松代(まつしろ)の市街地の一角に鎮座しており、二間社(にけんしゃ)というちょっとレアな様式の本殿が、いかにも城下町らしい堀と石垣の上に建っている様を楽しむこと…

【長野市】玉依比売命神社 ~T字型の拝殿 これがホントの「撞木造り」?!~

今回は長野県のマイナー観光地ということで、長野市の玉依比売命神社(たまよりひめのみこと-)について。 玉依比売命神社は真田氏の城下町・松代の西端の山際に鎮座しています。 長野市というと、撞木造(しゅもくづくり)と呼ばれるT字形の棟を持った善光寺が著…

【越前市】大瀧神社・岡太神社 (奥の院)~奇怪な社殿の御神体に挑む~

今回は福井県の観光地ということで、大瀧神社・岡太神社(おおたき-・おかもと-)について。 前回・前々回は下宮の解説をしましたが、下宮の社殿に感動したので、御神体でもある権現山に鎮座する奥の院にも行ってみました。 そういうわけで、今回は奥の院の社殿の…

【越前市】大瀧神社・岡太神社 下宮 (後編)~日本一複雑な社殿の細部に迫る~

今回も福井県の観光地ということで、大瀧神社・岡太神社(おおたき-・おかもと-)について。 前編では境内の様子と、複雑な拝殿・本殿の大まかな構造について語りました。 今回は重要文化財の拝殿・本殿を、さまざまなアングルから詳細に見ていこうと思います。 所…

【越前市】大瀧神社・岡太神社 下宮 (前編)~複雑怪奇に入組んだ屋根を読み解け!~

今回は福井県の観光地ということで、大瀧神社・岡太神社(おおたき-・おかもと-)について。 大瀧神社・岡太神社は越前市の山際に鎮座している神社で、紙の神として知られています。この2社は奥の院こそ別々ですが、下宮は1つの社殿を共有しています。 そして最大…

【麻績村】麻績神明宮 ~貴重かつ大規模な江戸期の神明造~

今回は長野県のマイナー観光地ということで、麻績村の麻績神明宮(おみ しんめいぐう)について。 麻績神明宮は麻績村の盆地の山際に鎮座しており、江戸時代に建立された神明造(しんめいづくり)の本殿を鑑賞することができます。 長野県内には神明造の本殿がい…

【駒ヶ根市】光前寺 ~伊那谷で唯一の三重塔が立つ信州屈指の名刹~

今回は長野県のメジャー観光地ということで、駒ケ根市の光前寺(こうぜんじ)について。 光前寺は駒ケ根市の山際、中央アルプスのふもとに鎮座しており、春は桜、秋は紅葉の名所として知られています。また、霊犬・早太郎による猿神退治の伝説でも知られていま…

【千曲市】粟狭神社 ~案内板(設置者不明)はどこまで信用できるか?~

今回は長野県のマイナー観光地ということで、千曲市の粟狭神社(あわさ-)について。 粟狭神社は千曲市の市街地に鎮座しており、国道18号線のほぼ道沿いにあるため、アクセスは極めて良好です。 本殿は大規模な三間社(さんけんしゃ)という様式で、市内には同規…

【筑北村】刈谷沢神明宮 ~私選・信州最恐スポット(※心霊要素はありません)~

今回は長野県のマイナー観光地ということで、筑北村の刈谷沢神明宮(かりやさわ しんめいぐう)について。 刈谷沢神明宮は、国道403号線を折れた先にある集落の奥に鎮座しています。古来よりこの近辺の地域は伊勢に神饌(農産物や山の幸)を献上していたため、伊…

【駒ヶ根市】大御食神社 ~立川流の弟子たちが手掛けた精緻な三間社~

今回は長野県のマイナー観光地ということで、駒ケ根市の大御食神社(おおみけ-)について。 大御食神社は駒ケ根市の郊外の住宅街に鎮座しており、広大な境内はうっそうと茂る社叢に覆われています。 社名はヤマトタケル(日本武尊)がここで饗応を受けたことに由…

【飯田市】諏訪神社(下黒田) ~人形浄瑠璃の影に隠れた本殿~

今回は長野県のマイナー観光地ということで、飯田市の諏訪神社(下黒田)について。 諏訪神社(下黒田)は飯田市の市街地に鎮座しています。ウェブで検索してみても国指定無形文化財である「黒田人形浄瑠璃」の話題が大半ですが、当記事ではいつものように社殿の…

【高森町】瑠璃寺と日吉神社 ~ピンピンコロリ発祥の地と五間社入母屋~

今回は長野県のマイナー観光地ということで、高森町の瑠璃寺(るりじ)と日吉神社(ひよし?-)について。 瑠璃寺と日吉神社は高森町の中心部から離れた集落に鎮座しています。桜の名所として知られていますが、境内は伽藍や社殿などの見どころが多数あり、桜が咲…

【箕輪町】長岡神社 ~立川和四郎の手掛けた二間社~

今回は長野県のマイナー観光地ということで、箕輪町の長岡神社(ながおか-)について。 長岡神社は箕輪町の山際の高台の集落に鎮座しています。本殿は諏訪の立川流の棟梁・立川和四郎(初代)による造営なのですが、神社建築として珍しい部類に入る“二間社”という…

【伊那市】仲仙寺(羽広観音) ~馬の安全を祈願する古刹~

今回は長野県のマイナー観光地ということで、伊那市の仲仙寺(ちゅうせんじ) 羽広観音(はびろかんのん)について。 仲仙寺は伊那市の北西の山裾に鎮座しており、別名を羽広観音といい、平安時代の開基と伝えられています。本尊の十一面観音は、馬の守り神とし…

【辰野町】三輪神社 ~神楽殿は拝殿の裏~

今回は長野県のマイナー観光地ということで、辰野町の三輪神社(みわ-)について。 三輪神社は辰野駅のすぐ近くの線路沿いに鎮座しています。本殿は覆いがかけられていて見づらいですが、本殿のほかの社殿や社叢は立派な上、独特な社殿配置をしていて、それな…

【飯田市】大宮諏訪神社 ~信州では希少な権現造“風”の本殿~

今回は長野県のマイナー観光地ということで、大宮諏訪神社(おおみやすわ-)について。 大宮諏訪神社は飯田の中心市街地の北に鎮座し、同市内では鳩ヶ嶺八幡宮に並ぶ規模の境内を有しています。境内の入口は幹線道路が交差するT字路の突き当りで、非常に目立つ…

【飯田市】鳩ヶ嶺八幡宮 ~伊那谷の八幡神社の代表格~

今回は長野県のマイナー観光地ということで、飯田市の鳩ヶ嶺八幡宮(はとがみねはちまんぐう)について。 鳩ヶ嶺八幡宮は飯田市の市街地に鎮座しており、伊那八幡駅というそのものズバリな駅から徒歩5分の好立地にあります。この駅名からも解るように、鳩ヶ嶺…

【岡谷市】十五社神社(本町) ~神明造風な角柱の本殿~

今回は長野県のマイナー観光地ということで、岡谷市の十五社神社(じゅうごしゃ-)について。市内には同名の神社があるので、所在地の本町(ほんちょう)を付しておきます。 十五社神社(本町)は岡谷駅を出てすぐの場所に鎮座しています。 本殿は標準的な流造(な…

【山形村】清水寺 ~開基は奈良時代! 孤高の深山に佇む伽藍~

今回は長野県のマイナー観光地ということで、山形村の清水寺(きよみずでら)について。 清水寺は山形村の山中の非常に深い場所にあります。 寺伝によると行基が西暦729年に開基したと伝えられ、もともとこの寺にあった観音像を坂上田村麻呂が京都に移したのが…

【松本市】三神社(波田) ~諏訪大社を彷彿とさせる拝殿の裏には~

今回は長野県のマイナー観光地ということで、松本市波田の三神社(さん-)について。 三神社は松本市から上高地へ向かう途中の道沿いに鎮座しています。それなりの広さの社叢がうっそうと茂っているので、見逃すことはまずないでしょう。 社殿も広い社叢に見劣…

【松本市】大宮熱田神社 ~地味だけど個性派な室町時代の本殿~

今回は長野県のマイナー観光地ということで、松本市の大宮熱田神社(おおみやあつた-)について。 大宮熱田神社は松本盆地の西の端のほうに鎮座しており、文字通り名古屋の熱田神宮の祭神を合祀しています。アクセス良好とは言いがたい場所ではありますが、国…

【山梨市】大工天神社 ~清楚で端正な本殿に神社建築の美しさの原点を見た!~

今回は山梨県のマイナー観光地ということで、山梨市の大工天神社(だいく てんじんしゃ)について。 大工天神社は山梨市の北の山際、モモやブドウの栽培が盛んな扇状地に鎮座しています。本殿は特にめずらしい様式ではないものの、室町時代末期に武田信虎(信玄…

【山梨市】差出磯大嶽山神社 ~『古今和歌集』にも詠まれた風雅な川辺の現在は~

今回は山梨県のマイナー観光地ということで、山梨市の差出磯大嶽山神社(さしでのいそ だいたけさん-)について。 山梨市を流れる笛吹川(ふえふきがわ)には、岩山が川に突き出したような地形になった個所があり、その景色は「差出の磯」という景勝地として古く…

【笛吹市】山梨岡神社 ~山梨県の由来がここにある!~

今回は山梨県のマイナー観光地ということで、笛吹市の山梨岡神社(やまなしおか-)について。山梨市に同名の神社があるためご注意ください。 山梨岡神社は、甲府盆地の北の山際に鎮座しています。表題の通り“山梨”という県名・郡名の由来になっただけあって非常…

【甲州市】熊野神社 ~新旧入り混じった6棟の本殿が並び立つ~

今回は山梨県のマイナー観光地ということで、甲州市の熊野神社(くまの-)について。 熊野神社は甲州市塩山の市街地に鎮座しており、その名前からもわかるように紀州(和歌山県)の熊野本宮大社から勧進されたと伝えられています。 本殿はなんと6棟もあり、うち2…