世をひねる

甲信地方(山梨県と長野県)の寺院・神社建築を語る雑記。

博物館

【松本市】旧開智学校 ~国宝になった擬洋風の学校建築~

今回は長野県の観光地ということで、松本市の旧開智学校(きゅう かいちがっこう)について。 2019年5月17日、文化審議委員会の答申によって松本市の旧開智学校が国宝に指定されることとなりました。学校建築が国宝指定されるのは初。長野県内では9番目の国宝…

【茅野市】 神長官守矢資料館と高過庵 他 ~ミシャグジ信仰と藤森照信氏の現代建築~

今回は長野県のマイナー観光地ということで、神長官守矢史料館(じんちょうかん もりやしりょうかん)について。 この場所を訪れる人は、大きく2つのタイプに分けられることでしょう。一方は諏訪大社の神事に興味がある人、もう一方は藤森照信氏の建築に関心が…

【茅野市】尖石縄文考古館 ~お一人様から家族連れまで楽しめる考古博物館~

今回は長野県の超メジャー観光地ということで、尖石縄文考古館(とがりいし じょうもんこうこかん)について。 いきなり余談になりますが、文部科学省の調査(2015年10月)によると長野県には362件の美術館・博物館があり、この件数は全都道府県で堂々の1位です。…