世をひねる

甲信地方(山梨県と長野県)の寺院・神社建築を語る雑記。

【長野市】小ネタ 善光寺裏案内

今回は長野県の超メジャー観光地である善光寺を紹介いたします。とはいえ普通の解説はすでに先人たちによって語り尽くされているので、当記事では観光ガイドで語られない裏の小ネタを、長野市で生まれ育った私が語っていきます。 今回の小ネタは以下の6件に…

【諏訪市】習焼神社 ~小さな境内に見応えある社殿~

今回は長野県のマイナー観光地ということで、諏訪市の習焼神社(ならやき-)について。 習焼神社は、諏訪湖から諏訪大社上社本宮へ向かう途中の道沿いに鎮座しています。諏訪大社の系統の神が祀られており、諏訪湖の南岸の一体の総鎮守といったポジションの神…

【松本市】深志神社(深志天神) ~諏訪神社と天満宮が横並び~

今回は長野県の観光地ということで、深志神社(ふかし-)について。深志天神という別名もあるようです。 深志は現在の松本市中心部の地名です。そもそも“松本”という地名は戦国時代に大名・小笠原氏が失地であった深志を取り戻すという悲願を遂げたことを祝って…

【松本市】筑摩神社 ~松本最古 室町時代の本殿~

今回は長野県のマイナー観光地ということで、松本市の筑摩神社(つかま-)について。 松本近辺は“筑摩郡”(つかま-/ちくま-)という郡部に属していた歴史があり、この神社は群名を冠しています。言うなれば群を代表する神社というわけですが、その立場にふさわし…

【松本市】四柱神社 ~松本観光の鉄板コース~

今回は長野県の観光地ということで、四柱神社(よはしら-)について。 四柱神社は松本駅から松本城へ移動する経路の途中に鎮座する神社で、すぐ近くを流れる女鳥羽川(めとばがわ)の川沿いには縄手通り商店街があります。こう言った位置関係から、「四柱神社を…

【都留市】円通院 ~甲信地方随一の密度?! 小さな隠れ名刹~

今回は山梨県のマイナー観光地ということで、円通院(えんづういん)について。 都留市には三重塔(のような何か)を有する名刹があるとの情報を数年前から掴んでいて、円通院は何かのついでに見に行きたい、と思い続けていました。 都留市の関係者には悪いです…

【寺社の基礎知識】屋根の分類

今回は寺社の基礎知識ということで、寺社建築を見分ける手がかりとして重要な屋根についての分類を大まかに解説いたします。 寺社建築の屋根には様々な意匠や装飾がありますが、下記の3点に注目すれば大まかな分類をすることができます。 ・屋根の形式(主に3…

【富士河口湖町】冨士御室浅間神社 ~北向きの本殿は江戸時代初期の造営~

今回は山梨県のマイナー観光地ということで、冨士御室浅間神社(ふじおむろせんげん-)について。 小室浅間神社(おむろせんげん-)という別名もあるようですが、富士吉田市にある同名の神社(下浅間)と間違えないようご注意ください。 この日はすでに3件の浅間神…